【LG 24UD58-Bレビュー】3万ちょっとで買えるコスパ最強の4Kモニター

ガジェットレビュー

どうも、プログラミング大好きのゆーと(@bahihzss)です。

今回は3万円ちょっとで買える4KのモニターLG 24UD58-Bを2枚でデュアルディスプレイ環境を構築したので、レビューしていこうと思います!

ゆーと

実はプログラマーにとって、モニターってとっても重要なんです!

大きさによって作業効率は大きく変わるし、目に優しいモニターを使用すれば疲れも少なくて済みます。

今回はモニターアームに設置してみました、シンプルで良い感じ

LG 24UD58-Bの外箱、外観、付属品

外箱

届いたときの様子、箱が横から開くようになっているのでとても開封しやすかったです。

開くと、発泡スチロールの緩衝材に埋め込まれる形で付属品とスタンドのパーツが出てきます。

この緩衝材を退けると、下にディスプレイが入っています

外観

正面から見るとこんな感じです。

LGロゴのみのシンプルなデザイン

背面にはHDMI × 2、Display Port × 1と一番上にオーディオ出力の3.5mmステレオフォーンが1つあります。

また、その横にはディスプレイマウント用のねじ穴も付いています。

ゆーと

モニターの真裏に端子があるので、目視しながら抜き差しができて使いやすいです!

LGロゴの真下には画面設定用のコントローラーボタンが付いています。

これをジョイスティックのように動かすとメニュー上で上下左右の移動、押し込むとOKボタンとして項目の決定ができます。

ゆーと

僕が今まで使っていたディスプレイに比べて操作性が良いので、設定も楽ちんでした。

付属品の一覧

左上から順に

付属品一覧
  • 説明書
  • HDMIケーブル
  • Display Portケーブル
  • スタンドの脚
  • マニュアルの入ったディスク
  • 電源ケーブル
  • スタンド
  • ケーブル留め具
  • スタンドとディスプレイを留めるネジ
  • スタンドのネジカバー
  • 保証書
ゆーと

HDMIとDisplay Port両方のケーブルが入っているのは嬉しいですね!

LG 24UD58-Bの組み立て

1. スタンドとモニタをネジで留める

2. 足をスタンド下部にはめ込み、底のネジを締めます。

3. モニターと接続しているネジの後ろにカバーを付ける

ゆーと

説明書どおり組み立てれば特に難しい点はありませんでした!

LG 24UD58-Bを使ってみて

専門的な要素を並べても難しいなと思ったので。

  • 画質
  • 配線
  • 使用感

画質

元々、同じインチ数のHD(1920×1080)のモニターを使っていたので、表現の細かさに感動しました。

元々使用していたHDモニター(I-O DATA EX-LD2381DB)
LG 24UD58-B

LG 24UD58-Bはこれだけ近づいてもドットが見えないですね(拡大してもらえればよくわかると思います)。

色味はI-O DATA EX-LD2381DBが優しい発色なのに対して、LG 24UD58-Bははっきりとした輪郭のある発色です。

配線

ミニマリストにとって、配線のしやすさはかなり重要なファクターです。

LG 24UD58-Bはディスプレイ部の真裏に全ての端子があるので、変な角度から覗き込む必要もなくとても配線がしやすかったです。

また、この端子配置はモニタアーム との相性が抜群で、端子ギリギリまでケーブルを固定できるので無駄のない配線ができました。

アームを想定していないので大きくケーブルが余る
ギリギリまでケーブルをアームに沿わせることができる

使用感

◎ とにかく綺麗、発色が良いので作業が捗る

元々使用していたHDモニター(I-O DATA EX-LD2381DB)
LG 24UD58-B

文字や図形の表示がとにかく綺麗になりました。

発色もクリアなので、ブログのために写真を加工する際も変化が分かりやすく作業が捗ります。

ゆーと

負担が減ったからか、目が疲れにくくなった様な気もします。

◎ 必要なケーブルが全部入っているのですぐに使える

HDMIだけでなく、DisplayPortケーブルも同梱されているので購入してすぐに使い始められました。

僕の場合、以前にも紹介したWAVLINK WL-UG69PD2に接続して使用しました。

最初HDMIで接続した時はリフレッシュレートが30Hzでしか動作しなかった上に、片方しか表示されなかったりと上手くいかなかったのですが、DisplayPortでの接続に変更するとあっさりと表示される様になりました。

もし、使用しているPC本体にDisplayPortがある場合や、まだType-Cからの変換アダプタを用意していない場合はDisplayPortでの接続をお勧めします!

△ フレームの素材に指紋がつきやすい

フレームが光沢のあるプラスチック素材なので、触ると結構指紋が目立ちます。

なので、画面の位置などを調節した後は

  • 画面用ウェットティッシュ
  • キムワイプ
  • エアダスタ

をつかっていつも綺麗にしています。

僕としてはモニターのフレームに触ることはあんまりないので、そこまで不満な点ではないかもです。

LG 24UD58-Bのレビューまとめ

本記事は「【LG 24UD58-Bレビュー】3万ちょっとで買えるコスパ最強の4Kモニター」について書きました。

LG 24UD58-Bは3万円という価格でありながら4Kの高解像度とクリアな再現性を実現したモニターです。

LG 24UD58-Bには、HDMI・DisplayPort両方のケーブルが付属しているのでこれを買うだけですぐに4Kでの作業やゲームが楽しめます。

ゆーと

また、デザインがシンプルで端子が真裏についているので、モニターアームとの相性も良く、配線もしやすいのでミニマリストにはうってつけです!