【WAVLINK WL-UG69PD2レビュー】MacBookをデスクトップ化できるドッキングステーション

ガジェットレビュー

どうも、MacBook Proユーザーのゆーと(@bahihzss)です。

MacBook ProにはUSB Type-C(Thunderbolt 3)という端子しか付いていません。

Thunderbolt 3とは
1つの端子でデータ転送、ディスプレイ表示、充電、給電が全部できるとってもクールな規格。USB 3.1、Display Port 1.2という技術の上に成り立っている。

何にでも使えて無敵に思えるThunderbolt 3ですが、

  • 対応していない機器が多い
  • MacBook Proの場合、低価格モデルで2つ、高価格モデルでも4つと端子が少ない
  • SDカードリーダーなども外付けになるのでケーブルだらけになる

といった欠点があります。

チャラ男
俺、Type-Cハブ持ってるんで余裕っすよ。
ヤンキー先輩
Type-Cハブって小型で軽量が売りだけど、HDMIとかUSBとか正直外出先で使わなくね?
チャラ男
た、たしかにー!ガッツリ作業するならまだしも、ちょっとデータ移したいとか、画面移したいとかならAirDrop、AidPlayで余裕っすもんね。
ヤンキー先輩
おうよ、だから外出先では徹底的に無線。家とか仕事場のデスクにドッキングステーション固定が漢のType-Cってもんよ。
チャラ男
さすが、先輩っすー!

というわけで、今回はThunderbolt 3(USB Type-C)対応ドッキングステーションWAVLINK WL-UG69PD2を紹介していきます。

WAVLINK WL-UG69PD2の外観

WAVLINK WL-UG69PD2は7種類の端子とAC電源入力、電源スイッチで構成されています。

サイズは20.3 x 15.5 x 6.1 cm。
コンパクトではないけど薄いので、ケーブルトレーに綺麗に収まります。

ゆーとのオススメ、イーサプライのケーブルトレー
https://www.amazon.co.jp/dp/B07G57J7GB

WAVLINK WL-UG69PD2に搭載されている7種類のポートは以下の通りです。

WAVLINK WL-UG69PD2の端子
  • USB 3.0 Type-A ×4(フロント×2、リア×2)
  • USB Type-C ×2
  • スピーカー端子(3.5mmフォン)
  • マイク端子(3.5mmフォン)
  • HDMI×2
  • DisplayPort×2
  • 有線LAN端子
ゆーと
多種類なだけでなく、それぞれの端子が複数ついているのもドッキングステーションのいいところ。

WAVLINK WL-UG69PD2は映像出力端子のHDMI&DisplayPortを2つ搭載

一般的なType-Cハブやドッキングステーションでも大抵HDMI端子はついているのですが、HDMIとDisplayPortから選べるというのはユニークな特徴です。

ゆーと
ディスプレイが2台つなげられるので、デザイナーやプログラマーのようなプロの作業でも活躍できそう!
注意
WAVLINK WL-UG69PD2で2つのディスプレイを使用するにはDisplayLink社のドライバーをインストールする必要があります。
https://www.displaylink.com/downloads

WAVLINK WL-UG69PD2は2種類のUSBを搭載

WAVLINK WL-UG69PD2は、USB 3.0・USB( Type)-Cの2種類のUSB端子に対応しています。

USB 3.0はフロントとリアにそれぞれ2つずつの計4つ、USB-Cはフロントに2つあります。

リア側にあるUSB-Cはパソコンと接続するためのもので、この端子とMacBook ProなどをUSB Type-Cケーブルで接続して使用します。
ゆーと
こちらのUSB端子は40Wまでの出力に対応しているので、スマホの充電やバスパワー駆動の機器を動かすこともできますよ!

WAVLINK WL-UG69PD2は有線LAN端子を搭載

WAVLINK WL-UG69PD2は有線LAN端子を搭載しているので、LANケーブルを用いて有線でインターネット接続を行うことができます。

速度比較
MacBook ProのWi-FiとWAVLINK WL-UG69PD2の有線接続で速度比較を行いました。

WAVLINK WL-UG69PD2の有線接続はGigabit LANに対応しているので、光回線などの高速回線をフルに活かしたインターネット接続ができます。

WAVLINK WL-UG69PD2はオーディオ端子を搭載

WAVLINK WL-UG69PD2にはヘッドホン端子およびマイク端子が搭載されているので、ヘッドホンやスピーカー、マイクなどをそのまま接続することができます。

[接続してるところを写真]

WAVLINK WL-UG69PD2はPD給電に対応、つなぐだけで充電もできます

WAVLINK WL-UG69PD2はPD給電に対応しています。つまり、充電器の機能も兼ねているとのいうことです。

https://www.wavlink.com/en_us/product/WL-UG69PD2.html

メーカーサイトによると、PD給電は60WまでとなっているのですがMacのシステム情報から確認するとワット数は65Wとなっていました。

MacBook Pro 13inch の純正充電アダプターが61Wなので十分な電力で給電されていることがわかります。

ゆーと
ケーブル一本でディスプレイ接続から充電までできてしまう環境に慣れてしまうと離れられなくなってしまいました